2012年10月14日 (日)

さつき植替え!

Img_0407
さつき教室では13日「三芳建設の駐車場」をお借りして植替えを行いました。さつきを育てるには水遣りが大切です。水が木の近くに吸い込まれるようになっていると土の状態いいとされています。原則として3年に1回植え替えをします。3年を過ぎると土が固まり水を遣っても木の側から吸い込まなくなります。箸など固いものでさすと木の周りが目詰まりして硬くなっています。

Img_0406
さつきは鹿沼土に植えます。硬くなった土を取るのは苦労がいりますが、根捌きをして大粒の土を敷き、中粒の土にぎゅっと押し込んで針金で固定します。その上に中粒の鹿沼土を載せ箸などでつついてよく土となじませます。このなじませる作業を怠ると土の中に空洞ができ、水をうまく吸い上げることができずに木が枯れてしまいます。会員はこの失敗をほとんど経験しています。

経験で覚えるといいますが気に入った木を枯らして残念がってやっと「植替え」のこつをつかみます。針金の止め方、木の正面のすえつけ方、細かいことは沢山在りますがやってみないとわからないことがたくさんあります。それでも、翌年きれいに花が咲くととても嬉しくなります。中村先生と渡辺先生それに先達とわいわいがやがや言いながら、楽しく植え替えを行いました。

箸でよくつついた鉢に水を遣って植替え終了です。3年以上経った鉢を植え替えるのに散々文句を言いながら、先生に手助けをいただきながら無事植替えの作業を進めました。来年いい花が咲くことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

10月度例会「さつき教室」

だいぶしのぎやすくなりました。でも、たまに暑い日があります。さつきはこれからも成長が続きます。手入れを十分にして来年言い花を咲かせましょう。

○剪定について
2本を題材にして剪定をしていただきました。「新生」大きくなりましたので枝が繁茂していましたが、剪定により枝の間隔もあきました。剪定前は向こう側が見えませんでしたが、空間もできました。何より風通しがよくなりました。新しい枝も発芽します。木の上だけ剪定したのですが、剪定した枝が鉢などに掛かっています。
Img_0311_3

○肥料遣りについて
先月説明した骨粉を今月配布しました。
1)花の色などに効き目があります。
2)生り物については甘くなります。
来年に備えてナルコ3号などとあわせてあげます。
肥料は今月15日までとしてそれ以降上げない。
幹われの原因になります。
骨粉は剪定写真の鉢に示すように、3箇所小さじ1杯ずつあげます。

○針金掛けなどについて
春に掛けた針金が利いていないようならば、そのまま掛けておく。
幹に食い込んでいるようならば、はずす。これから幹が太くなり食い込みが深くなる。

○13日(土)は午前9時から植え替えを予定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

第106回 「さつき教室」のご案内

あらかわ文化村106回 「さつき教室」のご案内

あらかわ文化村 村 長 笠原立晃

さつき教室世話人代表 長田正太郎 

 

日 時: 平成2491日(土)午後700800 

場 所: あらかわ文化村

講 師: 中村 一男先生 渡辺 忠雄先生

 

 暑さはまだまだきびしいですが、1ケ月のお休みでサツキの健康状態は如何ですか。

9月、10月は一年中で最も幹が太り、花芽が充実する時期です。日光に充分当てる事と、肥培管理をしっかりしましょう。

 

9月の講義

1、 剪定、針金かけの手入れをしたい方は工具を持ってきてください。

2、 さつきの葉の状態など心配な方は先生に相談してください。

3、 (荒川ケーブルテレビ)による6月に行われた花季展の様子と、出品された「うちの子一番!」のサツキを鑑賞します。

4、 その他質問。

 

 さつき教室の年会費を未納の方は、休講分(200円)を引き2,200を会計に納めてください。その際にさつき教室の年間予定表をお渡しします

 

❀ 薬剤代金未納の方は、(7月~9月)6回分1リットル50円 各自のリットルで計算し、会計に納めてください。

また薬の量の変更のある方は会計までお申し出ください。 

 

❀ 年間予定表の98日(土)、「植え替え」)は1013日(土)9時~12 に変更となりました。鉢数か多い場合、午後にかけて作業をしますので参加する方の鉢数を再度お聞きします。

 

薬剤の配布

9 1日(土)(容器をご持参下さい)6:30700

当番(瀬野、高橋、寺田)さん

殺虫剤(     ―   倍)  殺菌剤(    ―   倍)

 

915日(土)(容器をご持参下さい)6;00630

当番(高木、秋和、中村光男)さん

殺虫剤(     ―   倍)  殺菌剤(    ―   倍)

 

 

 

84日(土)殺虫剤(     ―   倍) 殺菌剤(    ―   倍)

 

818日(土)殺虫剤(     ―   倍) 殺菌剤(    ―   倍)

 

 

 

<>  <>  <>  <> 
   
   

 

   

あらかわ文化村講演会のお知らせ

   

 日 時  平成24928日(金)午後7時~830

   

 場 所  あらかわ文化村(三芳建設相談室)冠新道入り口近く

   

 講   師  木村 たけつか

   

 講演内容「国政情勢について」  

   

 

   
   
 

毎月行われる「講演会」に、さつき教室の皆様方の積極的なご参加をお願いいたします。 

(世話人一同)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

佐渡おけさフェスティバル

Dsc02209
22日(日)午後2時から冠新道商店街で「佐渡おけさ」ェスティバルが行われました。地元商店街の活性化のために、冠新道商店街が東京新潟県人会の協力を得て開催されたものです。当日は夏には珍しいほど涼しい気候で参加された方はもちろん、見物の方々も気持ち良く過ごされました。

Dsc02200
初めての催事ですのでご苦労があったようです。佐渡おけさの練習を8回ほど実施し、其れなりによくできていました。さすがに新潟県人会の方々でしょうか100人ほどの踊りは見事でした。地元商店街、三芳建設、に混じって「あらかわ文化村」の面々も、休憩所、給水所、救護班、連絡役にと色々お手伝いをされていました。

Dsc02210
踊られた方々も楽しそうでしたし、折角覚えた踊りですから今後も色々工夫されて定着させて毎年開催していきたいようです。中心メンバーが踊りの中に熱心にいろいろ指示をしています。地域の方々の熱意と協力で根付いていくといいっと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

10周年の花季展/さつき教室

Dsc02012
荒川文化村「さつき教室」の10周年の花季展が6月2・3日行われました。1年の成果とともに10年間の成果が重なって今までにない充実した花季展になりました。花季展には荒川区長の西川太一郎氏も駆けつけていただきました。懇親会見反省会では荒川文化村事務局長の春日井明氏が今までになく会場に入ったとたんびっくりするほどの迫力を感じ驚いたと感想を述べました。

Dsc02023
中村・渡辺両先生からもお褒めの言葉があり、両先生の仲間である「荒川皐月会」のメンバーからも評価をいただいた旨の紹介がありました。縁の下の力持ちの反町氏、教室の企画運営の本多さん、懇親会兼反省会などの企画にいについては小松崎さんがそれぞれの持ち味を発揮して花季展を盛り上げてくれました。

Dsc01981
花季展の大輪の部1位、商工会議所荒川支部会長(南雲芳夫)賞は、中村光男氏(翠扇/すいせん)、2位の最優秀賞は本多麗子さん(翠扇)、3位の反町紀夫氏(新生)、4位の準優秀賞は田口節子さん(翠扇)、5位の準優秀賞は小沢秀子さん(翠扇)、努力賞は塩澤みよ子さん(新生)同じく努力賞は井口純一氏(新生)、シルバー賞は相原八重さんの皆さんが受賞しました。写真はひな壇に飾られた表彰花です。

Dsc02021
小輪の部の1位、冠新道商興会会長(関口武夫)賞は平塚修氏(星の輝)、最優秀賞は松永愛子さん(オレンジの小花)、そして共通競技花「水郷乙女賞」は井上俊夫氏が受賞しました。今回は、初受賞が4人とだんだん会員の皆さんのレベルアップは図られ、実力をつけてきたことが証明されたといえそうです。また、花後の剪定で中村・渡辺先生はじめ荒川皐月会のメンバーが応援してくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

足利学校に行きました!

毎年恒例の荒川文化村さつき教室のバス旅行は、足利学校に行きました。毎年花季展が終了してから行っていたのですが、冬が寒かったこともあって開花が遅れるだろうとの予測で2週間遅らせることにしました。従って、今年はバス旅行が先になりました。花季展は6月2,3日の土日に実施します。

恒例によって那須塩原のJA野菜市場で各員沢山の野菜や果物、花など購入しました。大型バスの床下荷物入れはいくら入れてもあまるほどの広さがあります。買い物をして荷台に入れておけば、見学などの行事に荷物のことを心配することもありません。夕方、バスを降りるときに運んでくれますので、大変好評です。

AM11:00に「ホテルサンバレー那須」でバイキングの昼食をしました。朝早くの出発で早めの到着でちょうどいい時間でした。食事の種類は和食洋食、そのメニューもたくさんに用意され、スイーツ、飲み物などふんだんで、誰もがお腹一杯で食べ過ぎ気味です。

メインの鹿沼の「花木センター」でさつきの品定めと購入。さつきの手入れの道具、鉢、肥料など何でも揃っています。さつきばかりでなく色々な花木がそろっており目移りがするほどです。

帰りに「足利学校」に寄りました。ボランテイアのガイドさんの案内をいただき約1時間見学をしました。昨年の3月11日の地震でびくともしなかった門や本体などを説明付きで堪能しました。入場券は「入学許可書」になっていました。色々考えるものです。日本最古の学校とのことです。中国にもない古文書はじめ中国古来のしきたりにのっとった行事など興味深く案内してただきました。最後に、ここでもお土産を購入を楽しみました。

帰りのバスの中では、恒例の「ビンゴ」が催され、JAで仕入れた賞品の「サクランボ」「巨峰」「桃」「枇杷」それに「メロン」その他沢山の用意された賞品をいただきました。昨年、人気の集中した「マンゴウ」は参加者全員にお土産として用意されました。

最後に、南雲相談役にご挨拶をいただき、来週に迫った花季展で優秀な成績が収められるよう皆さんの健闘を祈りました。こうして今年のバス旅行も無事に終了しました。

※カメラを変えたのでUPの仕方がうまくいきません。別途研究します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

第103回「さつき教室」のご案内

あらかわ文化村第103回「さつき教室」のご案内

 

あらかわ文化村 村長 笠原 立晃

さつき教室世話人代表 長田正太郎

日 時: 平成2455日(土)午後700800

場 所: あらかわ文化村 

講 師: 中村一男先生 渡辺忠雄先生

 

やっと街中のツツジが咲き始めました。とは言ってもまだまだ天候が不順です。

花季展まで「あと一ヵ月」例年ですと5月の連休頃に(飛び花)が1個咲けば3週間後の花季展にぴったり!と言われています。

私たちの花季展に合わせると、510日頃のようです。 花季展前の1か月前は、毎年温めたり、冷やしたり、悩ませられます。皆様のサツキは如何ですか?                                    

 

10回花季展示会の予定

● 日 時: 平成2462日(土)  午前9時~午後7時 

 3日(日) 午前9時~午後4

● 搬 入: 61() 1時~4

搬入時にはメネデール500倍液をたっぷりあげておきましょう。

● 審  … 61日(金) 午後6時から先生方で審査します

● 搬  … 63日(日) 午後4時~

● 表彰・打上げ … 63日(日) 午後6時~

● 査対象さつき…(大輪水郷乙女)但し絶対ではありません

● 参加 500(参加費を打上げの費用に充当させていただきます)

 

 会場内、駐車場、歩道へと審査対象外のサツキの花をいっぱいに展示します。

今年も 荒川ケーブルテレビの撮影と、521日(月)発行の荒川区報

(イベント情報)に掲載される予定です。

❀ 鉢数の多い方は会の方から受け取りに行きます。(時間の指定はできません)

鉢の裏側面と受け皿にキチンと名前を書いてください。(毎年、行方不明の物があります。

 

例会時にプリントを回します( A,B,C)は参加のできる時間帯を記入してください。

 搬入希望者――名前に○を付けてください。時間の指定はできません。

A 会場の設営のお手伝い――61日(金)10時~

B 搬入のお手伝い――1時~4時(鉢、参加費受け取り)(審査対象鉢の№付け)(殺菌剤散布)(会場の飾りつけ)など。

C 花季展の当番―― 昼食に(おむすび)の用意があります。当番は全員参加しましょう。

先生の講義

〇 花季展にむけての摘蕾、枝の振り分け、剪定調整、肥料について等のお話し。

 ○ 心配な鉢を持って来て下さい。

 ○ その他質問

 

 526日()の日帰り旅行――あと若干の人数が参加できます。希望者は代金¥5,000を添えて、会計(鈴木、松永、高見)さんにお早めにお申し込み下さい。旅行に参加される方に行程表を例会時にお渡しします。

 

❀ 527日(日)9時~12時 サツキの植え替えがあります。希望者は申し込み用紙に名前と本数を記入してください。例会時に申し込み用紙を回します。

(後片付けは参加した方、全員でお願いします)

早く帰られる方は自分の出した土や机の廻りを整頓してお帰りください。

土代――大鉢(30㎝以上)¥200

  小鉢(30㎝以下)¥100

 

● 薬剤配布があります。各自容器を持参して下さい 6:307:00

 55日(土) 当番(佐々木、野村、峯)さん   

    殺虫剤(     )(    倍) 殺菌剤(     )(    倍)

 519日(土)当番(寺田、大平、南雲政)さん 600630

    殺虫剤(     )(     倍) 殺菌剤(     )(    倍)

 

(皐月の管理)

● 灌水――112回。たっぷりやります。だだし、膨らみはじめた蕾には水がかからないようにします。(花に水が掛かると花腐れ病になり、回りの花にうつります)

● 肥料――花季展出品の鉢は肥料、雑草を取り除き、養成中の樹には10号鉢(30㎝)に玉肥56個くらい施します。

● 摘蕾――蕾の数が多いまま咲かせると一輪一輪が大きく美しく咲きません。蕾の数を減らします。蕾の周りから車枝がグングン伸びてきますが、咲いた花のクッションや枕の役目にもなります。

4月になると蕾も充実して来ます、今月も一週間に一回の鉢回しをして万遍なく樹姿全体に陽を当てて下さい。

 

 

 

             
   
   

あらかわ文化村講演会のお知らせ

   

日  時  平成24年525日(金)午後7時~830

   

場  所  あらかわ文化村(三芳建設相談室)冠新道入り口近く

   

講  師   春日井 明氏

   

講演内容  「調和と個性」

   

 

   
   
 

 

 

 

 

 

 

 

講師、世話役の方は6時集合です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

さつき教室102回

今月の例会が昨日(土)開催されました。今年の花季展は冬が寒かったことで花の咲くのが遅れそうなので、6月2日~3日(土、日)に延期することなりました。

Dsc01599
針金掛けを予定していたのですが、昨年の植え替えがうまく言っていなかったようで、根元に空洞ができている木を教材にしました。針金掛けより選定が必要という判断になりました。ご覧のように深く切り込みを入れました。

空洞を解消するため植え替えを行い、今年の6月にどのくらい茂るか見本にすることとしました。会員の方は切り込んだ姿を見て信じられないと驚きの声でした。

三月上旬に植え替えを予定していましたが、寒くて延期して3月24日(土)に実施しました。やはり寒くて参加者は2名でした。何年も植え替えていないようで、土は黒く雑草もたくさん生えていて苦労しました。根洗いなどきちんとして無事植え替え終了。めでたしめでたしでした。

来月は連休中ですが、5日(土)が例会日です。花季展にくけに向け最終注意や質問にお答えする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

寄せ植え作り/さつき教室

Dsc01322_2
Dsc01326
天気もよく清々しい日でしたが、一段と寒さが増してきました。寒さにもかかわらず、正月に向けて寄せ植えを行いました。相変わらずですが三芳建設のご好意で駐車場をお借りして行いました。寄せ植えをはじめて5年ほどになりますので、皆さんも手際よく仕上げていきました。

Dsc01330
新しく入会した人もいますが、松竹梅と竜のひげ、南天、葉牡丹などのセットを鉢に按配よく配置を試み、仕上げに白砂で川をかたどり、鶴を配しました。わいわいがやがや賑やかにおしゃべりをしながら、先輩の手ほどきも頂ながらそれぞれの工夫もしながらそれなりに見栄えよく仕上がりました。三々五々持ち帰りましたので、写真を撮り忘れ、残っていたそれなりに普通のできの寄植えです。

毎年のことですが、しばらく外に置いておき、1週間ほど前に屋内に入れると正月にはいい香りとともに梅の花が咲き出します。いろいろ有るった今年ですが、さわやかな香りとともに新年を迎えたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

さつき教室 忘年会

Dsc01307
早いもので、12月の例会は忘年会です。会員46名中参加者33名でした。毎度のことながら、世話役とお手伝いで準備をしていただきました。進行役は反町さんが担当しました。代表世話人の一年を振り返っての挨拶と来年の十周年に向けての計画などが発表されました。


文化村事務局長の春日井明氏から今年を振り返ってのご挨拶を頂き、渡辺忠雄先生の乾杯で開会しました。会費500円にしては大変豪華な食事などが準備され、いつもながら感心します。

今年は、出し物が先に行われました。寺田智知枝さんの東北の被災地の応援歌、反町紀夫さんと中村純子さんの本格的なうっとりするような民謡。高木マキ子さんの相撲甚句。岸和子さんと2人で詩吟、吉川七郎さんの民謡などなど盛り沢山でした。


Dsc01313
プレゼント交換が行われた後、皆さんの1分間スピーチでした。さつきの苦労が中心ですが、笑いや苦心談が語られました。年も重ねてきていますので入院が2件注意事項も話され参考になりました。2時間があっという間に過ぎてしまいました。閉めは例によって南雲社長のご挨拶で来年こそいい花を咲かせましょうと締めくくりました。

今年最後の事業は、12月10日(土)午前中に「寄せ植え」を予定しています。三芳建設のガレージをお借りしてAM9時から行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«摘蕾・選定(てきらい・せんてい) さつき教室例会