« 2月度運営委員会 | トップページ | さつき花季展/5月12日決定! »

2007年2月25日 (日)

さつき教室のご案内

あらかわ文化村第49回 「さつき教室」のご案内

               あらかわ文化村 村長 笠原立晃

 

日時: 平成19年3月3日(土) 午後7:00~8:00

場所: あらかわ文化村      講師:内木 光三先生

              中村 一男先生  

    いよいよ春めいてきてさつきもみずやりに気を使う季節となりました。

   

   先生の講義

  ● 3月のさつきの管理について

  ●        さつきの摘蕾、針金かけの実技指導(各自鉢をお持ちください)

      寄せ植えの鉢は、お持ちにならないようにお願いします。

  薬剤配布があります。

ニッソラン(ダニ、卵)殺虫剤 1,000倍

  バイレトン(花腐れ) 殺菌剤 2,000倍 

 

  1リットルにつき100円徴収させて頂きますのでご用意お願いし

  ます。

ペットボトルは各自持参のうえ、事前に申告の薬剤を持ち帰ってください。

★「松竹梅の寄せ植え」の植え替えは3月17日(土)午前10時~12時

      5号鉢1ケ他 松、竹その他の数だけ鉢をご用意ください。

      植え替えに際して、鉢からそれぞれ分けて持ってこられる方が

      楽です。

  

 さつき展示会の予定

    ●日 時 平成19年5月  日(土)~  日(月)

         搬入は  日1時~5時

    ●参加費 500円(花さつき大、小セット)

    ●打上げ 6月2日(土)さつき教室定例会終了後開催

(展示会参加費を充当させていただきます)

    3月のさつきの管理方法

3月の気候の特徴として、冬の寒さと春の暖かさが交互に来るという事があります。折角冬を越せたサツキに被害を与えかねません。十分な注意が必要です。また、整姿、剪定や植え替えをしたばかりのサツキは樹勢が衰えていますので、この気温の変化に負けないように、よく目を配り状態を確認しながらの管理が必要です。

       

1.    萌芽に備えて

3月は全国的に萌芽の季節です。サツキも活発に動き出し、何から手をつけて良いかと胸躍る時期です。今月しなければならないことは、鉢廻し、整姿、剪定、植え替え、施肥、病害虫対策と鉢数の多い人は目の回るような忙しさになります。しかしこれらの作業の手を抜くと花季への影響も深刻になりますので、気合を入れて作業に望んで下さい。

病害虫も休眠から覚め、特にアブラムシが多発するでしょう。薬剤散布も新芽が出る前に済ませておきましょう。また、初心者の針金掛けにも、一番よい時期です。幹や枝も、ある程度柔らかく、樹皮がはがれる事も少なく、傷がつきにくく、芽の出る前ですから針金も掛けやすく、早く効きます。

2.    施肥に注意

今年花を見たい樹に対しては、肥料を与え過ぎると、花季の花腐れにつながる恐れがありますので、やや少なめに施すのが安全です。 

《春の日帰り旅行の予定》

  今年は会津の大内宿(会津西街道として栄えた町で当時のまま現存してま

  す)を企画いたしました。さつきの購入は又の機会に考えてます。

    日 時  平成19年5月  日(土) 

会 費  5,000円(交通費・昼食付)

   

     皆様の参加をお待ちしてます。


       春の日帰り旅行に参加します

  氏 名 

  住 所

|

« 2月度運営委員会 | トップページ | さつき花季展/5月12日決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さつき教室のご案内:

« 2月度運営委員会 | トップページ | さつき花季展/5月12日決定! »