« 大内宿にバス旅行 | トップページ | さつき教室/花季展打ち上げ! »

2007年5月28日 (月)

さつき教室/52回

あらかわ文化村第52回 「さつき教室」のご案内

  あらかわ文化村 村長 笠原立晃

 

日時: 平成19年6月2日(土)  午後7:00~8:30

場所: あらかわ文化村   講師:内木 光三先生

                 中村 一男先生 

            さつき花季展打ち上げ&反省会

1、     先生方の総評

2、     各自の反省と今後の課題

3、      懇親会(お茶と・ケーキ)会費は無料です

            さつきの剪定と植替えがあります

 日程は当日お知らせいたします。

   ● 薬剤配布あります(容器をお持ちください)

   薬剤配布

6月2日分 

EPN乳剤(殺虫剤)----1,500倍

    ベンレート水和剤(殺菌剤)----1,500倍

      (殺虫剤の乳剤には展着剤が入っているので展着剤は入れません。)

6月16日分 配布時間 6:00~7:00 

       ニッソラン乳剤(殺虫剤)----1,000倍

       バイレトン水和剤(殺菌剤)----3,000倍

(花に染みができない様薄くする)

      

  以前の講義内容です

        

  6月になるとサツキのピークは過ぎます。私たちを楽しませてくれたサツキですが、来年もまた美しい花を楽しませてもらうために花後の手入れが必要になります。

  

1.置き場所(樹の状況によって環境を変える)

花季展に出品した樹は、花を咲かせ続けただけでなく、灌水や日照、風通しなど日常と異なった環境に置かれていたため体力の消耗も一際といえます。また、花後の剪定や植え替えをした樹も同様に直射日光の当たらない場所で管理し、その後、通常の置き場所に戻します。

   

2.灌水(鉢の乾きを確かめて灌水する)

   この時期の灌水は一日2回、朝夕行うのが基本です。花が終わる頃から梅雨に入ります。梅雨に入ると特に水はけの悪い鉢は、鉢内が過湿になってしまい根腐れを起こしかねません。また雨が降ったからといって灌水の代わりになるかというと、そうとも限りません。実際に鉢を持つなどして鉢の乾き具合を確かめて灌水します。とにかく過湿、水不足とも禁物です。植え替えしたものは、鉢内の水分が多すぎると根付きが遅れ気味になりますので、葉水を中心にした灌水にします。

3.病害虫(高温多湿は病害虫の季節)

害虫ではスリップスやダニ類が発生し易く、オルトラン水和剤1000倍液やニッソランV乳剤液を散布します。また、日当たり、風通りのよい場所に置く事が第1の予防です。

  4.花後の手入れ

     花を楽しんだらそれでおしまいではサツキ愛好者として寂しいものです。私たちを楽しませてくれたサツキを来年も同じように、美しい花を咲かせて楽しみたいものです。そのためには、花が終わったこの時期の手入れが第一歩になります。    

(花ガラ摘み)

 花後の手入れは、花ガラ摘みからはじまります。しぼんだ花ガラをつけたままだと、見苦しくなるだけでなく、結実すると養分が種子に取られることになり、幹や枝葉の成長にマイナスになってしまいます。

(剪定)

 この時期の剪定は、樹姿を整えるとともに、来年の花芽が枝の先端に出揃うようにする為の作業です。一般的に花ものではいい花芽を付けるため強い元気な芽を残します。花芽は普通7~8月に形成されますので、7月になってからせん定すると花芽が出来る枝を切ってしまうことになりかねません。そうなると来年の花が期待出来ませんので、6月中には済ませます。

(植え替え)

 植え替えは、春に行うつもりだった鉢で、花を見るため植え替えなかった鉢や水はけの悪いものについて行います。一般的に春と花後は植え替えの適期とされていますが、花後の場合、植え替えてから根がじゅうぶん活着する前に猛暑の夏を迎えると、サツキは大きなダメージを受ける事があります。したがって花後に植え替える場合は、出来るだけ早く、遅くとも6月中には済ませます。

|

« 大内宿にバス旅行 | トップページ | さつき教室/花季展打ち上げ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さつき教室/52回:

« 大内宿にバス旅行 | トップページ | さつき教室/花季展打ち上げ! »