« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

さつき教室/お知らせ

あらかわ文化村第73回 「さつき教室」のご案内

     あらかわ文化村 村長 笠原立晃

     さつき教室世話人代表 長田正太郎         

日 時: 平成21年7月4日(土)午後7:00~8:00 

場 所: あらかわ文化村 

講 師: 内木 光三先生 中村 一男先生 渡辺 忠雄先生

   

文化村のさつき会も21年度に入りました。来年の花季展にむけて良い花を咲かせる様肥料、薬剤等に気を配り頑張っていきましょう。

さつきの花芽は普通7~8月に形成されますので、7月になってから剪定すると花芽が出来る枝を切ってしまうことになりかねません。6月までに全てのさつきの剪定を終わらせましょう。

年間予定表をお配りいたしますので、壁などに貼って定例会、薬剤の日程に気をつけてください。今年度も世話人一同宜しく御願いいたします。

  

1 .先生の講義 

  ● 花季展後の手入れについて、剪定調整、肥料について

  ● 心配な鉢を持って来て下さい

  ● 花の系統を知る--(花系譜)

   2 .さつき教室の年会費 2400円を集金します。(@200×12月)

   3. 薬剤費7月~9月分集金です

           1リットル50円 各自のリットルで計算してください。

   薬剤配布があります

(薬剤を貰った方は必ず名前にチエックをお願いします)

      7月  4日(土)(容器をご持参下さい)6:00~6:30

           7月18日(土)(容器をご持参下さい)6;00~6:30

(薬剤名、希釈倍率は6月のさつき「教室のご案内」のプリントを参考にしてください)

(月初め)のみの薬剤配布の当番を決めます。全員に回りますので

         宜しくお願いします。

   (講師、世話役の方は6時集合です)

※ 8月の例会はお休みですが 薬剤配布が有ります

 8月  1日(土)   6:00~6:30

8月 15日(土) 6:00~6:30

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

さつきの植替えです!

昨日は、第一土曜日ですので定例会を実施しました。
1 海野宿へのバス旅行の報告(会計報告を含む)
2 花季展の商工会議所支部会長賞副賞の授与
3 新入会員2名の紹介
4 さつきのプレゼント(前世話人山口さんより)
5 剪定、針金掛けの実践
   木を持参した方が多ければ、一枝を必ず剪定、針金掛けをすることとしました。
6 薬剤配布については、例会の日は当番制でお手伝いを戴くことになりました。
7 植え替えについて
  毎年お祭りと重なるので、3月を定例の植え替えとし、6月は花季展に出品した木のみ  の植替えとすることにします。

Dsc07242 本日は午前9時から午後4時まで、三芳建設の車庫をお借りして植替えを実施しました。今年は希望者も多く大変な込みようでした。教室がスタートして7年になりますので、3年後との植替えのピークであることと、新人の方々は、何回か実地に植替えに参加して、こつを覚えてもらうことにしています。写真は中村先生の指導に真剣な会員さん。

Dsc07238 中村先生、渡辺先生を中心にし、内木先生も体の調子が戻りつつありますので、久しぶりに一寸顔を出されました。先輩会員は、新人会員のお世話をして、剪定、植替えのお手伝いをして、手持ち無沙汰にしている方も無く、植替えに熱中していました。写真は、渡辺先生が木振りを見ながら説明をしてくれているところです。

Dsc07240 中堅会員の方は、自分の木の植替えをしました。但し、うる覚えのことや手順の違いや重要点をおさらいしながら作業を進めました。従って、2人の先生は休むまもなく大忙しの1日でした。高齢の域に入っていますので、明日、体の隅々にお疲れが残らないかと心配です。写真は、中堅の会員さんが植替えに精を出しているところです。

それぞれの会員の木も大きくなってきています。3~4年目に購入した木も植替えの時期でしたので、バラエティに富んだ品種が持ち込まれ、来年の花季展はさらに期待が持てそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

さつき教室のお知らせ!

  あらかわ文化村第72回 「さつき教室」のご案内

      あらかわ文化村 村長 笠原立晃

                

日 時: 平成21年6月6日(土)午後7:00~8:00 

場 所: あらかわ文化村             

講 師:内木 光三先生 中村 一男先生 渡辺 忠雄先生

   

第7回花季展開催につきましては、盛会のなか無事終了し、世話人一同ほっとしております。年月の経過は花の素晴らしさと比例して、本当に素晴らしい花季展でした。

今年は花季展終了後に反省会を開催致しました。先生の総評では皆さん確実に腕をあげより良いさつきを咲かせているとのお話でした。その後各自の反省、来年に向けての抱負など、わきあいあいの懇親会を開催できました。

来年へ向けて会員の皆様、さつきへの愛情を宜しくお願いします。

恒例の日帰り旅行も、長野は晴天で海野宿の散策と高原でのチーズケーキとお茶で

楽しい旅となりました。

第7回花季展入賞者(敬称略)

 大輪の部
  
荒川商工会議所支部会長賞   翠  扇            麗子
   最優秀賞  那須野          田口節子
  優秀賞  翠  扇           森谷  新
    準優秀賞  翠  扇          南雲 芳夫
    準優秀賞  小町笑          野村悦子
    一等賞   小町笑          長田正太郎
    努力賞   翠  扇           上野 洋子

小輪の部
    最優秀賞   若えびす   長田正太郎
    優秀賞ロ   マンチック  小松崎弘子
    準優秀賞   星の輝    鈴木加代子  

  シルバー賞   翠  扇   中田 泰子

   新人賞   翠 扇   井上 利夫

 花季展後のお手入れ

1 .置き場所(樹の状況によって環境を変える)

花季展に出品した樹は、花を咲かせ続けただけでなく、灌水や日照、風通しなど日常と異なった環境に置かれていたため体力の消耗も一際といえます。また、花後の剪定や植え替えをした樹も同様に直射日光の当たらない場所で管理し、その後、通常の置き場所に戻します。  

2 .灌 水(鉢の乾きを確かめて灌水する)

 この時期の灌水は一日2回、朝夕行うのが基本です。花が終わる頃から梅雨に入ります。梅雨に入ると特に水はけの悪い鉢は、鉢内が過湿になってしまい根腐れを起こしかねません。また雨が降ったからといって灌水の代わりになるかというと、そうとも限りません。実際に鉢を持つなどして鉢の乾き具合を確かめて灌水します。とにかく過湿、水不足とも禁物です。植え替えしたものは、鉢内の水分が多すぎると根付きが遅れ気味になりますので、葉水を中心にした灌水にします。

3. 病害虫(高温多湿は病害虫の季節)

害虫ではスリップスやダニ類が発生し易く、オルトラン水和剤1000倍液やニッソランV乳剤液を散布します。また、日当たり、風通りのよい場所に置く事が第1の予防です。

4. 花後の手入れ

花を楽しんだらそれでおしまいではサツキ愛好者として寂しいものです。私たちを楽しませてくれたサツキを来年も同じように、美しい花を咲かせて楽しみたいものです。そのためには、花が終わったこの時期の手入れが第一歩になります。    

5.花ガラ摘み

花後の手入れは、花ガラ摘みからはじまります。しぼんだ花ガラをつけたままだと、見苦しくなるだけでなく、結実すると養分が種子に取られることになり、幹や枝葉の成長にマイナスになってしまいます。

(剪 定)

 この時期の剪定は、樹姿を整えるとともに、来年の花芽が枝の先端に出揃うようにする為の作業です。一般的に花ものではいい花芽を付けるため強い元気な芽を残します。花芽は普通7~8月に形成されますので、7月になってからせん定すると花芽が出来る枝を切ってしまうことになりかねません。そうなると来年の花が期待出来ませんので、6月中には済ませます。

(植え替え)

 植え替えは、春に行うつもりだった鉢で、花を見るため植え替えなかった鉢や水はけの悪いものについて行います。一般的に春と花後は植え替えの適期とされていますが、花後の場合、植え替えてから根がじゅうぶん活着する前に猛暑の夏を迎えると、サツキは大きなダメージを受ける事があります。したがって花後に植え替える場合は、出来るだけ早く、遅くとも6月中には済ませます。

 水はけの悪い鉢はこの機会に植え替えをいたしましょう。      

    

 ★ 植え替えのお知らせ  6月7日(日) 午前9時~午後4時迄

    土代――大鉢(200円) 小鉢――(100円)

       但し 12時~1時迄昼食時間となります

   

   薬剤配布があります   

  6月6日(土) (容器をご持参下さい)6:00~7:00

    デス乳剤(殺虫剤)1,000 倍

    ジマンダイセン(殺菌剤)1,500 倍

               

6月20日(土) (容器をご持参下さい)6;00~7:00

    マラソン乳剤(殺虫剤)  1,000倍

ダニコール(殺菌剤)   1,500倍 

          

 3月から使用した薬、これから10月まで使用する薬剤。

(それぞれ殺虫剤乳剤1,000倍  殺菌剤1,500倍)

  3月――エルサン(虫)、ダニコール(菌)

   スプラサイト(虫)、サプロール(菌)

  4月――コテツ(虫)、ジマン(菌)

   マラソン(虫)、ダニコール(菌)

  5月――カルホス(虫)、ジマン(菌)

   ペン(虫)、ダニコール(菌)

   バイレトン(菌)

  6月――デス(虫)、ジマン(菌)

   マラソン(虫)、ダニコール(菌)

  7月――エルサン(虫)、ジマン(菌)

   アドマイヤー(虫)、ダニコール(菌)

  8月――カルホス(虫)、ジマン(菌)

   コテツ(虫)、ダニコール(菌)

  9月――マラソン(虫)、ジマン(菌)

   ペン(虫)、ダニコール(菌)

  10月――デス(虫)、ジマン(菌)

   アドマイヤー(虫)、ダニコール(菌)

6月6日(土)の例会は剪定、針金がけの実技を行います。工具とサツキの鉢を持ってきて下さい。 剪定に自信の無い方は小さな鉢から練習しましょう。植え替えする鉢は必ず剪定をします。

                (世話役の方は6時集合です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »