« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月29日 (月)

第81回さつき教室のお知らせ

あらかわ文化村第81回「さつき教室」のご案内

  あらかわ文化村 村長 笠原立晃

  さつき教室世話人代表 長田正太郎   

日 時: 平成224月3日(土)  午後7:00~8:00

場 所: あらかわ文化村      

講 師:内木 光三先生 中村 一男先生  渡辺 忠雄先生 

 先生の講義

 ● 花季展にむけての摘蕾、枝の振り分け、剪定調整、肥料について。

● 心配な鉢を持って来て下さい

● アザレアの花の観賞をしましょう。アザレアを見せてください。

● 5月の日帰り旅行の申し込み受付をします(別紙パンフレット)。

 ● 薬剤の集金が有ります。今月から月2回の配布です。

(4月,5月,6月)の8回分で1リットル50円。各自ご用意下さい。

薬剤配布があります。 各自ペットボトルを持参して下さい。

4月3日(土)

 当番(早川季予子、田中悌子、松永愛子)さん 6:30~7:00 

・     --------殺虫剤--------   倍

・     --------殺菌剤--------   倍

・     --------展着剤--------   倍

4月17日(土)6:00~6:30 時間厳守

・   --------殺虫剤------------   倍

・   --------殺菌剤------------   倍

・   --------展着剤------------   倍

第8回花季展示会の予定

● 日 時 平成22年5月22日()9時~7時、23日()午後4時迄です

● 搬 入 521()1時~4

搬入時にはメネデール500倍液をたっぷりあげておきましょう。

 ● 審 査 521() 午後6時から行います。先生方で審査します

 ● 搬 出 523() 午後5時~

 ● 表彰・打上げ 523() 午後6時~

 ● 参加費 500円(大輪と小輪が基本)但し絶対ではありません。

       大輪か小輪か判らない花は4月の例会の時に回答します。

       (展示会参加費を打上げの費用に充当させていただきます)

4月になると一段と暖かくなり各地で桜の開花の便りが聞こえてきますね。サツキも新芽を伸ばし始め水揚げも活発になりますので、春の灌水も重要です。昔から桜の咲く頃はどんな作業をしても大丈夫と言われてきた通り、剪定、植え替え、針金掛け、施肥、等どんな手入れをしてもOKな時期です。剪定、植え替え、消毒、灌水等の作業はもちろんですが、正直なところ、頭の中の半分くらいは5月の花季展の事でいっぱいになります。ひとつひとつこなしていく月といった感じですね。  

1.毎日灌水をしましょう(十分な灌水が必要)

サツキの活動が活発になるので1日1回の灌水が目安です。朝たっぷり灌水すれば夕方の灌水は必要ありませんが、新芽と蕾がしなびないようにして下さい。

この時期の水不足は開花時に大きな影響を与えるので、十分注意を払ってくださいね。   

2.毎日サツキ棚をチェック(害虫が活動を開始)

   新芽が伸び始めると同時に病害虫も出始めます。特に春先のサツキの新芽は柔らかくアブラムシの格好のターゲットになりますね。発生に合せて薬剤を選択して散布しますが、徹底的に死滅させる事です。それには、毎日サツキ棚を見て廻り細かなチェックをするように心がけましょう。

3.葉の色で肥料の量を調節(今月も施肥します)

4月は、花を見るために施肥をしないという人もいますが、しっかりと肥料を与えて下さい。但し、葉の色つやを見て、葉の色がまだ薄いものは通常通り10号鉢で玉肥6個くらいを目安に。逆に葉が青々して緑色の濃いサツキには、通常の半分くらいの量に減らしています。植え替えを行ったものには、当然肥料をすぐには与えませんので、その点はくれぐれもお間違いなく。

4.剪定や植え替えを(今月も根洗いOK)  

   剪定や植え替えの作業は今月も適期です。

 5.細かな手入れもたくさん(雑草防除)

サツキの活動と同じく雑草の活動も活発になります。サツキの鉢に生える雑草は根が長くなかなか取りにくいものです。ピンセットなどを使って根ごとしっかり取り除く事が大切です。せっかく綺麗な花を咲かせても、雑草が生えていたのでは見映えが悪く花もだいなしです。常に気を付けて、雑草の防除に努めましょう。 

(一斉に花が咲くように)

冬の間にも行ってきましたが、4月になると蕾より充実してくるので、鉢回しをして、万遍なく樹姿全体に陽を当てて下さい。開花の時に一斉に花を咲かせる為には絶対に鉢回し必要です。今月は一週間に一回、180度の回転を目安に鉢回しをしてあげるとよいでしょう。

(さつきの花形と花期)

  明日香・・・・大 輪 早咲き    小町笑・・・・・大 輪 やや早咲き

  萌 華・・・・中 輪 早咲き    翠 扇・・・・・大 輪 中頃咲き

  祝い星・・・・中 輪 やや遅咲き  めぐみ・・・・・大 輪 中頃咲き 

  星の輝き・・極小輪 やや早咲き  新 生・・・・・大々輪 やや遅咲き

  紺桔梗・・・・中 輪 遅咲き    紫慕情・・・・・中 輪 中頃咲き 

  紫 光・・・・大々輪 早咲き    煌・・・・・・・・・中 輪 中頃咲き 

  光 琳・・・・小 輪 やや早咲き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

荒川区長に聞く!

Dsc08107 毎月1回、文化村の事業の一つとして三芳建設相談室で講演会を開催しています。今回は、去る26日は100名ほど集い荒川区長西川氏をお迎えして開催しました。最近の荒川区の状況と、方向性についてユーモアーを交えわかりやすく解説してくれました。

区長就任5年目を迎え、職務も軌道に載って、順調であることが報告されました。区の人口が昨年1月に30年振りに20万人を超え、以後少しずつ増え続けています。行政サービス部門の充実度は、都市ランキングで2年連続全国1位(日経BP社)、行政サービス調査(日経新聞)全国4位、教育分野全国1位、子育て分野全国2位など自治体として充実度が伺われます。

22年度の予算は、817億円、昨年の予算より44億円5%余りの削減をしています。都内23区の内でも3区は、財政の補助を上乗せしてもらっている状況の中で着実に推移していることが強調されていました。

今後、強調したい政策として「区民の安心の砦として、暮らしをしっかりと支え『幸福充実感都市あらかわ』の実現に向けて着実な前進を図る予算」と位置づけているそうです。国民の幸福充実感を表す政策は、ブータンで実施され「国民総幸福量(GNH)」として表示されています。荒川区でも幸福度を指標化し「GAH(ガー)」で表そうとしているそうです。その他諸政策について話され、荒川区もなかなか充実しているんだと評価しています。

Dsc08110 導入部分で紹介されましたが、幕末に活躍した「橋本佐内」の鞘堂(さやどう)を南千住図書館前移設したことを紹介されました。25歳でなくなりましたが、西郷隆盛は生きていれば日本の大きな柱になった方と回想していることを紹介。鞘堂には区内の彫刻家「菓子満」さんが文献を基に佐内の銅像を製作し、飾られています。

もう一つおまけの話として、荒川区の名物の都電について石原知事から電車を2台追加して路線に投入することが決まったと伝えられたそうです。たまに都電を利用しますが、新車は乗り心地もよく、朗報といえます。

講演会は毎月開催されていますが、またの機会に紹介するようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

取り木と剪定/さつき教室

3月のさつき教室例会が行なわれました。例によって、自分の育てている「さつき」の生育状況についていろいろ先生に質問しました。肥料のその後、水遣り、葉っぱの状態、鉢回しの必要性など経験年数によってそれぞれ会員からも回答があって、自分のさつきの状況を判断しています。

Dsc08047 二手に別れ、中村先生が取り木を行ないました。木の片側に花の色が偏ったものを木の途中に切れ目を入れ、ミズゴケ、赤玉で覆いそこから根を生やさせます。3ヶ月ほどして根がしっかりしてきたら切り取って鉢に植え替えます。自分の好んだ花芸を主体とした木に作り変えることができます。写真は、作業を終えて覆いをつけたところです。

Dsc08043 もう一方で、渡辺先生が剪定を行いました。少し手入れを怠った木ですが、花芽も沢山ついた木です。剪定と同時に針金掛けを行いました。身近で剪定や針金掛けを見てその都度疑問が湧いたら質問をしていただきました。普段疑問に思っていることなども気軽に聞くことができ、わかりやすく感じたようでした。

今月は薬剤散布が1回で薬剤が配布されました。5月には花季展が行なわれ、その後29日には、宇都宮の手前にある「鹿沼花木センター」にバス旅行を予定しています。気に入ったさつきの購入や、さつきの手入れ用の道具や鉢などを購入することもできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

書に親しむ会/会報

2010年 あらかわ文化村

 “書に親しむ会” 会報        2010・2・28

                           

 あらかわ文化村のサークル“書に親しむ会”は毎月第4土曜日19時から西日暮里冠通りの三芳建設相談室で楽しく行はれています。

 字句の正しい書き方、自分の好きな字句、時にはみんな同じ字句など書いています。あらかわ文化村の文化祭は毎年11月3日前後開催され、絵画、写真、彫金、手芸、彫刻、織物などとともに「書」の発表も自慢の展示です。

 1月・2月の2回の稽古で仕上げた作品は下記のとおりです。出来映えはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第80回「さつき教室」のお知らせ!

あらかわ文化村80回 「さつき教室」のご案内

あらかわ文化村 村長 笠原 立晃  

さつき教室世話人代表 長田正太郎

 時:平成2日(土) 午後700800

場 所:あらかわ文化村      

講 師: 内木 光三先生   中村 一男先生  渡辺 忠雄先生

彼岸 向岸のお祝いだそうですが、現世では虫達が冬から目覚め、植物も新芽の準備に枝先も柔らかくなり始めます。冬取り込んでおいたものを取り出す準備をし、植え換えも彼岸前に終わらせます。桜の花が早い年は皐月も早く咲くので、開花予想を立て展示会用の手入れをします。この時期の殺虫剤はマシン油剤が有効です。

3月の作業内容

     形の良くない鉢の針金かけ、ボサボサになっている鉢の剪定、背の高い

サツキを思い切って小型にしたい方はサツキと工具をお持ちください。

     サツキの葉の状態など心配な方は先生に相談してください。

     2月下旬に芽出し肥をあげなかった鉢には3月上旬に1回、固形の油粕を   

5号鉢に2~3個を基準にして与えます。(2月に植え換えた鉢には肥料はあげません)

     潅水――12日に1回を目安に潅水します。

     10日に一回鉢回しをしましょう。

薬剤配布が有ります 630700 当番(加藤、金子徳子、井口)さん

(       )殺虫剤……         

(       )殺菌剤……         

松竹梅の植え替えが有ります 327日(土) 90012

00

場所―――三芳建設さんの駐車

参加する方―――小分けする鉢、工具と(先の尖った箸を1本)持ってきてくだい。

鹿沼日帰りバス旅行の予定  平成22529日(土)

   会費――5,000円~(昼食の内容で少しアップします、交通費込み) 

皐月の花や盆栽を見たり、農協に寄ったり、チョットお洒落な昼食を予定しています。

バスの中でのゲーム(豪華商品?)など企画中。

皆様の参加をお待ちしています。

                                          講師、 世話役の方は600集合です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »