« 書に親しむ会/会報 | トップページ | 荒川区長に聞く! »

2010年3月 7日 (日)

取り木と剪定/さつき教室

3月のさつき教室例会が行なわれました。例によって、自分の育てている「さつき」の生育状況についていろいろ先生に質問しました。肥料のその後、水遣り、葉っぱの状態、鉢回しの必要性など経験年数によってそれぞれ会員からも回答があって、自分のさつきの状況を判断しています。

Dsc08047 二手に別れ、中村先生が取り木を行ないました。木の片側に花の色が偏ったものを木の途中に切れ目を入れ、ミズゴケ、赤玉で覆いそこから根を生やさせます。3ヶ月ほどして根がしっかりしてきたら切り取って鉢に植え替えます。自分の好んだ花芸を主体とした木に作り変えることができます。写真は、作業を終えて覆いをつけたところです。

Dsc08043 もう一方で、渡辺先生が剪定を行いました。少し手入れを怠った木ですが、花芽も沢山ついた木です。剪定と同時に針金掛けを行いました。身近で剪定や針金掛けを見てその都度疑問が湧いたら質問をしていただきました。普段疑問に思っていることなども気軽に聞くことができ、わかりやすく感じたようでした。

今月は薬剤散布が1回で薬剤が配布されました。5月には花季展が行なわれ、その後29日には、宇都宮の手前にある「鹿沼花木センター」にバス旅行を予定しています。気に入ったさつきの購入や、さつきの手入れ用の道具や鉢などを購入することもできます。

|

« 書に親しむ会/会報 | トップページ | 荒川区長に聞く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取り木と剪定/さつき教室:

« 書に親しむ会/会報 | トップページ | 荒川区長に聞く! »