2007年7月22日 (日)

消毒液配布/さつき教室

2週間後との消毒が配布されています。害虫が卵を産みつけ、卵がかえるのが2週間なので、さつきの木に2週間ごと消毒液を散布する必要があります。三芳建設相談室前で配布しています。余計なことですが、相談室の中では、論語教室が行われています。

消毒液は、農薬ですので厳重に管理されています。事前申請のあった量しか調合しません。余らして下水に流すことなどないように、会員の皆さんには徹底しています。消毒液は、容器(ペットボトル)を持参いただき、申し込みのあった分量しか配分されません。従って、調合した消毒液は、1滴残らず配布されます。
写真は厳重に管理する平塚世話人/反町世話人と担当してくださっています。

散布については、早朝の風のないときに散布するよう注意しています。勿論、マスクをして長袖を着用して、散布が終わったならば、うがいを忘れずに励行してもらっています。
写真は、情報の交換と散布について質問があれば、注意を更に徹底しています。

他人に迷惑をかけぬよう、十分注意して散布をするよう注意しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

訂正/消毒液配布日

H19年7月7日(土)の 「さつき教室」のご案内の薬剤配布日が間違っていました。お詫びして訂正します。
 7月14日(土)→7月21日(土)です。
お間違いのないようように、よろしくお願いします。
                                     
                                 担当世話人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

さつき教室/例会

肥料、消毒、松、竹の話がありました。

1、肥料は9月の彼岸前後までやらないこと

2、消毒は気をつけてやること。
 1)農薬なので、長袖を着て、マスクを着用、終わったら手を洗い、うがいのこと
 2)散布は、朝1番がいい。風もなく、隣近所の洗濯物など迷惑をかけない。
 3)余ったものは、下水に流さぬこと。土のあるところで処分。

3、正月の寄せ植えに使った松と竹の手入れについて、内木先生が松竹の剪定(写真)を実施。竹は水を吸うのでさつきと同じく日に2回水遣りのこと。梅は8月に花芽がつくので水のやりすぎに注意。

8月例会はお休みです。消毒液の配布はあります。次年度の講師、渡辺先生が加わり3人体制、世話役、会計は再任。前年度の会計報告。消毒液を年3回の集金とすること、8月より。などが了解されました。

最後に、時間を少しオーバーしたのですが、全員が一言ずつ花季展の反省と来年に向けての抱負を語り、和やかの内に終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)